Bee Happy

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ゆうじょう | main | Mark in Attitude (2) >>

Mark in Attitude (1)

Some People Are Gay. Get Over It!

200809102248000.jpg



ミルキー姉さんのおかげで京都までやってきたmark。今回はkevなしの1人旅でした。

「俺の腕、使うなよ〜!」と著作権、肖像権を主張される場合は、mark feehily本人からの苦情のみ受け付けますのでよろしく。louisさんもダメよ。

じゃあ久々、心のダーリン(その1)のインタビューです。長いのでまた分割します。

なんでこのキャンペーン(homophobicに対するイジメ撲滅キャンペーン)に参加しようとおもったの?

「ゲイの男性で自分の性(sexuality)について悩んだことがないって人はいないと思うんだ。とくに学校では控えめに言っても簡単じゃないよ。僕はもし可能であれば学校でのhomophobicに対するイジメをなくしたいんだ」

イジメられた事ってある?

「高校時代はずっと太ってたから、それでイジメられたよ。homophobicに対するイジメは個人攻撃だけじゃないと思ってる。教室で子どもたちがホモについて話すのは、ただ「ホモ」っていう言葉を「bad(ダメ)」っていう意味に置き換えて使ってるんだ。例えばゲイっぽい運動靴、ゲイっぽいジャケットとかさ。で、イジメてやろう!ってなるんだよ。そんなのを聞いた子は、(ゲイである事で)友達にどう思われるか分かるよね。友達がそんな差別的な事を言ってるのを聞くのって、自分の性の悩みには何の助けにもならないよ。おもしろいのはさ、クラスに3〜4人のゲイの子がいたとしても、誰もそんな事ありえないって信じてるよね。みんな盲目なんだ」

この雑誌(attitude)の表紙撮影をした次の日にリバプールの若者のニュースが入って来たよね。

「うん、そうだね。あれはホント狂ってるとしか言いようがないよ。あの子(Micael Causer)、殺されたんだよね?怖すぎる、、僕はその時外国にいたから、最初は知らなかったんだ」

誰も知らなかったんだよ。そんなに大きなニュースにならなかったし。それが驚きだよ。

「ホント、バカげてるよ。この気持ちをどう説明していいのか分からない。だって僕もゲイだし、僕にも誰にも起こりうる事でしょ?詳しいことはあまり知らないけど、怒りでいっぱいだよ。僕にわかったことは、誰かが立ちあがって何かをするまでは状況は変わらないって事。ただ座ってこの事件の事を話すだけじゃ意味ないよ。実際に立ちあがって、体を使って何かをするまで今のままだね。変化を起こさないと。じゃないと僕らに関する大きすぎる偏見は続くだろうね。だからゲイの人たちにとって、誰かに肌の色や、出身地、嗜好でイジメられた時、このキャンペーンみたいに何かにチャレンジするのは大切なことだよ。これらの事も他の色んな事と同じくらい大切なんだよ」

自分がゲイだって気づいたのは何歳だった?

「ある時突然にっていう感じじゃなかった。徐々に自分の気持ちが、他の友達とは違う方向に向かってるんだって気づいたんだ。思春期の間、高校生くらいかな」

誰かお手本にしてる人(role model)はいる?

「Michael Jackson、Stevie WonderやMariah Carayかな。音楽が僕の人生だから。思春期には自分の性と上手く付き合えなかったから、空虚や悲しみはいつもあったよ。でも音楽はそんな事から逃げられる手段の1つだったんだ」

誰に最初にカミングアウトしたの?

「う〜ん、westlifeっておとぎ話の中で起こってるみたいで、なんだかクローゼットに閉じ込められてるみたいだったんだ。有名になるとすべての事が大袈裟になったよ。だからカミングアウトまでにはすこし時間がかかった。公になる前に、自分自身が居心地のいい自分になりたかった。で、kevと出会った時、ただひたすら彼とうちの中にこもるか、カミングアウトかどちらでもいいと思ったんだ。自分の準備も出来てたしね。それがすべてだし、このキャンペーンに参加できてうれしい事だよ。それはどの時点で、自分がゲイであるか周りに知られてもいいって思えるかだよ。それってゲイの人生にとって一番大切な事で、イジメを止めるし、ゲイの子たちを守る事になる。今止めないと、とても普通じゃないし、間違った事だよね」

westlife | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

Comment

書き込みははじめましてです。
markが京都まできた?!!!!!
絶句です。
知らなかったし、信じられなーい!!!
ファンになってまだ浅いけど今は一番markに近いの?
ayaさん教えてくれてありがとう♪♪♪
驚いて1行目だけ読んでコメントしてるけど(興奮中)
冷静になってインタビュー読みます。
meriko | 2008/09/11 11:10 PM
merikoさん>初めまして。コメントありがとうございま〜す♪
ご、ごめんなさい!私の書き方がややこしいんですが、markは京都に来てません(っていうか日本に来てない)。ホントはmark「が載った雑誌attitude」が、京都まで「郵便で」やって来たんです。
merikoさんもmarkファンですか?右の「westlife」のカテゴリーの中には、私が行ったコンサートの写真やインタビューもあるので、よかったら覗いて下さいませ☆
aya | 2008/09/12 2:21 PM
なんだか私の思いっきり早とちりだったようで。
恥ずかしいです。ポリポリ
英語が苦手なだけに情報が乏しいがため勘違い・・・
westlifeのDVDを見てこの人がいいなと思ってmarkを指した
次の日に「この人はゲイなんだ」って知ったけど、ファンは続けています♪
ayaさんのカテゴリーというのもまだすべて見れてるわからないので
見させてもらいますね。
こんな風にどこか抜けてますがこれからもよろしくお願いします♪
meriko | 2008/09/13 3:16 PM
早速遊びに来てmarkの腕超アップにドキッでした(笑)
その後Mark Feehily氏から苦情は来たんでしょうか?
来たらいいなぁ〜〜☆

それにしてもリヴァプールの事件は怖いですね。。。
ヨーロッパではもっと受け入れられてると思ってましtが
まだまだ昔とあまり変化はしてないようでショックでした。
私は近くにmarkと同じカップルがいたりするし
あまり違和感を感じる事もなく彼らと一緒にいます。
北海道はちょっとヨーロッパ的な感覚があるので
彼らは快適に暮らしてます。
でも彼らもこの事件を聞いてショック受けてました。

このキャンペーンが実を結んで、悲しい事件がなくなるといいですね。
SPANISH EYES | 2008/09/13 9:05 PM
ayaさんはじめましてTaraともうします。
興味深い記事、訳してくださり有難うございます!!
マーク、高校生位から気付いてたのか。。。
もっと多くの人がそれぞれの多様性を受け入れられるようになるといいですよね。
Tara | 2008/09/15 5:51 PM
meikoさん>こちらこそ〜妙な書き方で失礼しました(笑)
お〜DVDでmarkを指したなんてお目が高い!彼はゲイであっても、違ってもmarkである事は変わらないですもんね〜
こちらこそこれからのよろしくお願いします。また遊びにきてくださいね♪

SPAさん>ププッ腕フェチがバレた(笑)残念ながらまだご本人から苦情は頂いてません。待ってるのに〜
イギリスも保守的な考えの人がある一定以上の人数でいるんでしょうね。それが若者の間でもあるっていうのが、何だか悲しい限りで。
そう、見渡すと色んな個性の人がいるんすよね。そんな社会の方が楽しい!

Taraさん>こんばんは。初めまして♪趣味の(笑)訳にお付き合い頂いてありがとうございます。
私もmarkが意外に早くに「ん?」と思ってたことにビックリしました。
誰もが自分でいられるようになったらいいですね。
aya | 2008/09/15 11:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beehappy.jugem.jp/trackback/697
Trackback
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ